体にも環境にも優しく安心・安全・高耐久の木材保護塗料(ロハスコート・ウッドロングエコ・ガラス塗料ナノクリアス)ならTNC有限会社

TNC有限会社

静岡県静岡市清水区追分4丁目2288番地の3 JR清水駅から徒歩30分

ご予約・お問合せはこちらへ

054-347-6770
営業時間
9:00~17:00

シックハウス症候群とは

厚生労働省が新指針

新物質追加は15年ぶり

 厚生労働省は、シックハウス症候群など体調不良を引き起こすおそれのある三つの化学物質について、新たに室内濃度の指針値を定める方針を固めた。有識者の検討会で合意しており、年内に正式決定する。室内濃度指針値は、「シックハウス」が社会問題化した2000年前後にホルムアルデヒド、トルエンなど13物質について相次いで定められたが、新たな物質の追加は15年ぶりとなる。

 新たに指針値が設定されるのは、水性塗料の溶剤に使われている「テキサノール」や、接着剤や塗料に含まれる「2-エチル-1-ヘキサノール」など。テキサノールは、既に指針値のあるフタル酸エステル類の代わりに広く使われている。2-エチル-1-ヘキサノールはオフィスなどのビニール製の床材から放散され、問題になることが多いとされる。同時に、キシレン、エチルベンゼンなど4物質については、既に定めている指針値を改定し、規制を強化する。

 13物質の指針値が設定されて以降、建築業界などは使用を控え、これらの化学物質が指針値を超え検出されることは少なくなった。一方で、代替として使われているテキサノールなどがシックハウス問題を引き起こすケースが報告され、規制が必要と判断された。

 キシレンやエチルベンゼンなどの規制強化は、過去10年あまりに蓄積された新たな調査データに、現在の指針値より低い値を妥当とする研究報告があるため実施する。キシレンの濃度は従来の4分の1、エチルベンゼンは66分の1に引き下げられる。指針値は、それ自体に法的強制力はないものの、業界が自主規制する際の根拠になったり、文部科学省が教室の環境衛生を定めた「基準値」として使用されたりするなど一定の効果を上げている。

シックハウス症候群

 住宅の建材や家財道具から放散される化学物質(揮発性有機化合物)が主な原因で、のどや鼻の不調、頭痛、アレルギーの悪化などさまざまな症状を生じる病気。住宅の高気密化により1990年代後半から顕著になった。学校やオフィスでも発生する。

 

総量規制が不可欠

 2000年前後に社会問題化したシックハウスが沈静化したのは、原因物質の指針値設定や建築基準法の改正により、ホルムアルデヒドやトルエンの使用制限が進んだことが大きい。

 だが、シックハウスの問題はその後もなくならず、北海道の小学校(07年)や大阪大学(08年)で、児童・学生らが体調不良を起こした事例があったほか、一般住宅の新改築時に起きた健康被害などで関係機関にはその後も相談が寄せられている。これは規制に効果がなかったのではなく、原因の多くが指針値のない化学物質に移ったためとみられる。こうしたことから厚労省の「シックハウス問題に関する検討会」は12年、8年ぶりに再開され、新たな指針値の検討に入った。

 結論に5年もかかったが、「新たに問題が発生すれば指針値を設定し、注視していく」という姿勢を見せたことは評価できる。検討会は毎回、業界関係者らで傍聴席がほぼ満席となり、関心の高さをうかがわせた。新指針値は、業界に一定の影響力を及ぼすだろう。

 

 一方で「ある化学物質を規制すれば、別の化学物質が使われて新たなシックハウスを起こす」という「いたちごっこ」に陥るとの指摘もある。専門家の間では、リスクを下げるには化学物質の「総量規制」が欠かせないという声は強い。今後は、室内空気に含まれる化学物質の総量(TVOC)を測定し、指針値を示すなど踏み込んだ検討が必要だ。

 

    こちらではシックハウスについてと当社の考え方を書かせいただきます。                                                                          どうぞご参考になさってください。                                      シックハウスとは、住居内の化学物質のみならずダニやホコリなど原因がハウス内にある状態を言います。シックハウス症候群とは家の中に有る有害化学物質やホコリ等その他の原因物質を長期に渡り微量に曝されたり、一度に大量に体内に取り込んでしまった為に通常では問題の無いごく微量の原因物質に対しても強いアレルギー症状が出てしまう事を言います。シックハウス症候群と化学物質過敏症を同じ意味で捉える方がいらっしゃいますがこれは全く別物になります。

化学物質過敏症について

どんな病気?

シックスクールやシックビルディングは、その室内の空気が建材や塗料などに使用されている接着剤や防腐剤などから放散される有害VOC(揮発性有機化合物)に汚染されている状態を指します。

 VOCは現在までに約900種類が確認されています。そのうち複合化学物質過敏症に関係する有害VOCは300種類程度と考えられています。規制は進んでいるのですが毎年300種類以上もの新しい有害化学物質が世に出され規制された物質の代替品となり規制が追い付かないのが現状です。また今、問題とされている環境ホルモンの一部もその中に含まれています。                  現在症状が出ていなくても時間の経過とともに人体や人類に悪影響を与えているのです。 

シックハウス (シックビルディング対策の先進地アメリカでは)

アメリカ環境保護庁(EPA)は下記のように定義しています。
居住している住人の20%以上が、そのビル内にいる時に急性の不快感に基づく症状を訴える。 それらの症状の原因(因果関係)は必ずしも明確である必要は無い。 それらの症状のほとんどが、そのビルを離れると解消する。
日本では化学物質だけが原因のように考えられていますが、アメリカなどではダニやカビ、ハウスダスト、高周波の電磁波、低周波の振動などでもシックハウスに定義されるようになってきました。
日本で一般的に、建物を新築したり改装したりした後に、使用した建材や塗料、接着剤などに含まれる有害化学物質により室内空気が汚染されたことがシックハウスであると理解されていることが多いようです。 ダニやカビ、ハウスダストなどが原因のアレルギー症状もシックハウスと言えます。 EPAの定義に見られるようにシックハウスの原因を特定する必要は無く、症状も多様で、発症のメカニズムも未だ解明されていません。 この様に様々な原因と症状などから正確には「シックハウス症候群」と言うべきでしょう。
 
シックハウス=化学物質過敏症ではない。
 
 シックハウス=化学物質過敏症と勘違いしておられる人が意外に多いことに驚きます。
化学物質過敏症は、その名が示すようにある種の化学物質に過剰に反応する状態を言います。 化学物質過敏症は一度に大量にある種の化学物質に曝されるか、長期に渡り微量の化学物質に曝された結果発症すると言われています。 一度に大量に曝されることは一般人ではほとんどその機会はないと考えられ、シックハウスなどが原因である種の化学物質に対し、体内の受容体が過敏性を獲得してしまい、その後はその種の化学物質に超微量でも反応してしまう状態を言います。 ですからシックハウス症候群は化学物質過敏症になってしまう危険性が大きいのですが、化学物質過敏症とは異なります。 
欧米では、一度体内にこの受容体が獲得されると成分が異なった他の物質に曝されても過敏性を発症することが認められており、「複合化学物質過敏症―multiple chemical sensitive」MCSと一般的に呼称されています。
また、化学物質過敏症をアレルギーと同じと考えられておられる人も多いのですが、アレルギーは抗原抗体反応で、原因物質も特定され遺伝的あるいは後天的と、ある程度解っている部分が多いのですが、化学物質過敏症はアレルギーに比べ更に超微量の原因物質に反応してしまい、アレルギーの人が許容できる濃度でも化学物質過敏症の人は生活できません。 
最新の医療現場では「化学物質反復暴露⇒神経可塑性変化⇒化学キンドリング神経学的病態・行動変化」と推定しています。 これが意味することは、室内空気汚染物質を放散し続ける原因部材を取り除かないで、室内空気から汚染物質を吸着分解する方法では化学物質過敏症の人々を助けることも、発症を止めることも出来ないということです。 つまり、吸着・分解塗料を施しても放散物質から遠く離れた場所で、ある程度の濃度で汚染物質が検出されると言うことは原因部材の近くでは更に高濃度に汚染されたままと言うことです。国が高気密高断熱を推奨していたにも関わらず突如24時間換気を言い出したのにはJISで国がお墨付きを与えた建材を使用して建てた建物でシックハウスやシックビルディングが発生した場合逃れようが無いのと今迄やってきた事が否定されてしまう事態になりかねないので相反する24時間換気を導入したと推察されます。
 
有害な化学物質は元から対処する事が大切です。
 
用語の説明
 
*1有害VOC(揮発性有機化合物)
 
  常温常圧で空気中に容易に揮発する物質の総称で、主に人工合成されたものを言う。
Volatile Organic Compounds 頭文字を取ってVOCと言う、 トリクロロエチレンやテトラクロロエチレン、ホルムアルデヒド、トルエン、ベンゼン、キシレンなどさまざまな物質があり油脂類の溶解能力が高く、分解しにくく安定していて燃えにくい性質から、1970年代には理想の洗浄剤として産業界で普及したが、吸入による頭痛やめまい、腎傷害などの有害性や発ガン性など可能性が指摘されている。大気・水域、特に地下水汚染の原因となるほか、住宅の室内空気汚染物質としても注目されている。(VOCをもっと詳しく)
 
 *2化学キンドリング
通常では何の変化も認められない化学的な刺激が繰り返される事によりある日突然急激な行動変化が起こる事と理解されています。

 

日本のシックハウス対策

日本国内の主なシックハウス対策はF☆☆☆☆(以下F4)と  24時間換気と言ったところでしょうか。F4は良く使われている有害化学物質であるホルムアルデヒドの室内環境指針値を100ナノグラム/m3=0.08ppmです。住宅メーカーの営業担当者は「F4をクリアしているから大丈夫です」と簡単に言います。しかしこの値は人の目や鼻への刺激を基準として策定されたものです。近年、ホルムアルデヒドの人に対する発がん性が確認されました。発がん性がある有害化学物質として安全な基準を策定すると100ナノグラム/m3・0.08ppmに比べて何倍も厳しい数値となります。実際に発がん性があるものとして基準を策定しているカリフォルニア州の基準は 16.5ナノグラム/m3となっており日本の6倍ほど厳しい数値になっています。2011年6月10日にアメリカの健康社会福祉省が業界団体からの強い圧力に負けずホルムアルデヒドとスチレンを発がん性物質リストに追加しました。2011年から2017年の間日本では何をしていたのでしょうか?      自分の家族の健康と安全は国が保証してくれるものではなく自分で守る心構えが必要になります。特に日本の場合業界団体や族議員の圧力に負け国民の健康がないがしろにされる傾向があります。 せっかく作った規制値にも抜け道の一文が忍ばせてあり骨抜きになっているケースが後を絶ちまん。私達は環境化学物質を食べ物や飲み物よりも呼吸や皮膚から体内に取り込んでいます、村上周三・東京大学教授によれば環境化学物質の83%を肺(空気)から取り込み、食品は7%、飲料は8%に過ぎないと言う事です。食べ物飲み物を一生懸命気を付けてもその効果は限定的です。

室内で使用する物に含まれる化学物質は、体内に入れても大丈夫な物しか使う事が出来ないと言うのが本当の姿なのでは?、
完全な治療方法が確立されていない化学物質過敏症になってしまってからでは遅いのです。
どんなに効果が高く安価な溶剤でも子供達の健康に危険を及ぼす可能性のある物質は使えません、農薬に使われている有機リン化合物や危険だとして規制されている物質は間違っても使えません、国内で規制されなくてもWHOなどで危険だとリストアップされている56物質ももちろんです。
思い出してくださいアスベストの事を、安価で効果が絶大ですが危険性の分かった今10年20年後に発病するリスクを承知で使う事が出来ますか?
同じ事を繰り返す訳には行かないのです。
子供達は学校や教室を選ぶ事は出来ません、ワックスや塗料は塗布後長期に渡って室内に残り空気と混ざり合って呼吸で体内に取り込まれているのです、
一度、空気は口に入れるものとして食品や飲料と同じ目線で考えてみてはどうでしょう?
有害化学物質や有機溶剤を使わずに製品を作る事はコストがかかりますが、安全と健康には変え難いと考える方が良いのではないでしょうか?

 

セーフコートという塗料との出会い

水性無公害封止型塗料のセーフコートは、まだ日本にシック
ハウスという言葉が無かった1960年代から研究され始め、 1970年代初頭に創業されたAFM社が開発し、医学界と協力
して製品の安全性を高め続けている塗料です。
シックハウスの患者さんが毎年9000人以上も治療に訪れるダ
ラス健康環境センターで使用され、シックハウスの世界的権威であるDrレイから塗料として推薦されている世界で唯一の塗料です。
製品の特徴である封止効果(基剤の呼吸を止めないで有害化学物質を封じ込める。)
で安全性を確保。(東大の試験でもその効果は確認されました。)
世界で一番厳しいSCSインドアアドバンテージ・ゴールドの認証を塗料として初めて取得しました。
安全性に厳しいカルフォルニア州の公共施設ではSCSインドアアドバンテージゴールドの認証を受け
た建材や塗料が指定されます。安全性の証明を取得していない製品は採用されません。
SCSでも小型チャンバー試験を毎年指定の試験期間で行い、製品の安全性を証明し続けなければなり
ません。
日本でもシックハウスのためのJIS規格として平成15年7月に作られた小型チャンバー法が採用さ
れました。最低20リットルの容器に試験片を入れて時間とともに容器の中に揮発する化学物質を採取してガスクロ分析する方法です。
今回制定した小形チャンバー法は、ホルムアルデヒドのほかトルエン、キシレン等のVOCも測定可
能な試験方法であり、今後のシックハウス対策の有効な測定手段となるだけでなく、建材の放散速度
が測定できることから、実際の室内空気中のホルムアルデヒドやVOC濃度の予測も可能となりま
更に、共通の測定方法をJIS化することによって、測定データの互換性・有効活用が図られ、ホルムアルデヒドやVOC放散量の低い建材の開発、普及・拡大に大いに役立つと考えられます。
しかし残念な事にこのJIS規格試験をパスする事の出来る製品はほんの一握りでしかありません。
F☆☆☆☆規格の出現でフォルムアルデヒドはほとんどの工事の環境測定から駆逐されました、
しかし代替のトルエンの検出が多くなっています。厚生労働省で規制する13物質の中のフォルムアル
デヒド排除してその代わりとして同じ規制物質のトルエンを入れる。
ノントルエンと謳われて販売されている製品をトルエンの検出管で試験すると簡単に検出されるケー
スがあります。
F☆☆☆☆の製品の購買調査では多くの製品がその規格を満たさない事が発覚し認定方法の見直しが
始まっています。(東京との購買試験などで発覚)
 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

054-347-6770

営業時間 9:00~17:00
休業日 土・日・祝日

おすすめ商品

【商品案内】

通常約¥200/㎡(100g)から¥240/㎡(20g)と通常の化学的な防腐剤に比べて割安です。(木材の樹脂量により多少変わります)

市販では100g18.9L用が税込み定価19565円のところを数量限定 100g+6g 20L用に増量して税込み、送料無料16800円にて販売しております。是非ご比較の上ご検討下さい。
ショップはこちらから

サイドメニュー